オリックス銀行カードローンの審査に通過する為の条件

非常に使いやすいカードローンの1つとされているオリックス銀行カードローンですが、オリックス銀行カードローンはネットバンクであるために独自の店舗を持っておりません。

 

カードローンを申込みするにはウェブサイトからの申し込むのが最も一般的で簡単です。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

最短即日審査にも対応しているので急にお金が必要な場合にも役立つので、審査をしやすい時間帯を考えて申し込む方法が望ましいです。ローンカード到着後、即日振込みをしてもらうことができるので手持ちの銀行口座の内容を確かめてから申し込みを行いましょう。

 

カードローンを利用するためには審査を通過できないことには、利用することができなくなってしまうので、実際にどのような条件を満たせば審査に通過するか基本的な審査基準を知っておく必要があります。

 

更にどのような基準で審査を受けることになるのか、審査を受けたことによって、メリットを受けやすくなっているかなどの情報を知っていることによって、審査をより通過しやすく出来るのです。

 

まずは、どのような審査基準が設けられているか、一般的な審査基準としてご紹介致します。

 

基本的に、収入(年収)という部分、現在の借り入れという部分、勤務年数という3つに分けられて審査で確認されることになります。

 

年収については、カードローンを利用するべき収入になっているかどうかが確認されることになり、大体200万円以上収入があるのならば小額ですが利用できる可能性は十分にあります。

 

300万円を超えているようなら、普通にオリックス銀行カードローンを利用することができるでしょう。

 

次に他社の借り入れですが、基本的に無い状態の方が好ましいのは言うまでもありません。

 

他社から借りていることは、オリックス銀行カードローンの審査でマイナスポイントになることが想定されます。

 

銀行側に返済されないリスクが高まるので、審査通過が出来ない1つの大きな要因でもあります。

 

クレジットカードのキャッシング枠なども当てはまるので予め外しておくのもオススメです。

 

通常の借り入れでは他社借り入れを返済ておくことで審査を通過出来る可能性が高まるのですが、1つだけ例外があります。

 

それは他社の借り入れがある旨を伝えて『おまとめローン』を行うことです。

他社借り入れ金額を一括でオリックス銀行のカードローンで一度に支払うので借入金額が増え貸付金利も低くなり、銀行側としても他社借り入れの金利を一気に得ることが出来るの双方にメリットがあるわけですね。

 

最後に勤続年数ですが、最低でも1年以上の同じ仕事をしていることが好ましく、仕事の年数が極端に短い方は審査に落とされる場合があります。

 

正社員など定期的な収入がなければ厳しいことが現実ではありますが、主婦・パート・アルバイトなどでも安定して定期的な収入があれば審査通過の可能性は十分あるので検討してみるのも良いでしょう。

 

オリックス銀行カードローンを利用したいと思っているなら、上記の3つの視点で考えられていることが大事で、特にカードローンだけ(おまとめローンは問題無し)の利用については、他の会社での借り入れは返済してから利用するのがオススメです。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

オリックス銀行カードローンの貸付条件

orixs
※1:ローンカード発行後

 

オリックス銀行カードローンの特徴のひとつに、希望限度額が300万円までならば収入証明不要というものがあります。消費者金融では50万円を超える額を希望する際には必ず収入証明が必要であり、銀行系であっても100万円、200万円という設定をしているところが多いです。

 

そのような中で300万円という高額にも関わらず収入証明なしで借り入れが可能なのはとても魅力的です。ただ、誰しもが収入証明なしに300万円を借りることができるとは限りません。これはあくまで原則として不要ということであり、人によっては300万円以下の希望額であっても収入証明を求められることがあります。

 

審査を行う側は申し込みの際に申請された職業の情報を元に、だいたいの年収や返済能力を算定しています。公務員や大企業の正社員の方であれば収入が高い水準で安定しているので、ほぼ無条件という形で300万円の枠の設定を受けることができるでしょう。

 

もしそうでない場合は、その人の職業、収入に見合った希望限度額のラインが設定され、それを上回る限度額を希望する場合は収入証明が求められます。

 

また、他社に既に借り入れがある場合はその分だけ返済能力から差し引かされて計算されるのですが、おまとめローン目的の場合に限っては差し引きの計算が無くなる場合があるようです。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ